コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)と一眼レフの違い

更新日:


photo credit: Alan Bell via photopin cc

先の記事で「SONY NEX-5R」を購入した僕です。
今回、カメラの写真についていくつか学んだので折角なので記事にしておきます。

ものすご~く基本的な事なので、カメラ好きの方には
眠たい記事だと思います。

デジタルカメラと一眼レフは何が違うの?

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)


PHOTO 足成

メリット(良い所)

  • 軽い!(気軽に撮れる)

デメリット(悪いところ)

  • レンズが交換できない。
  • ノイズが(一眼レフ)に比べると多い
  • 細かい設定ができない。
  • 撮像素子が小さい(暗い所や逆光に弱い)

一眼レフ


photo credit: nickwheeleroz via photopin cc

メリット(良い所)

  • 撮像素子が大きい(きれいな写真が取れる)
  • 絞りやシャッタースピードなどの細かい設定ができる。
  • ノイズが(コンデジ)に比べると少ない
  • 用途に応じ、レンズが交換できる。

デメリット(悪いところ)

  • 重い

撮像素子とは

「イメージセンサー」とも呼ばれ、レンズから入射した光を取り込み、電気信号に変換する半導体素子のことです。

デジタルカメラやビデオカメラのCCDイメージセンサーやCMOSイメージセンサーなどといったものを言います。「イメージセンサー」を省略して、単にCCDやCMOSと呼ぶ場合が多いです。
従来のカメラに例えるとフィルムに相当する部分で、画質を左右する大きな要素を持っています。
通常、カメラのカタログで撮像素子の仕様は、
・種類(CCDやCMOS)
・大きさ(1/2.5型や、22×15mmのような表示)
・画素数
で表されます。画素数が多い方が解像度が高くなり、きめ細やかな描写が可能になります。また、撮像素子が大きい方が一般的に感度が高くなり、ノイズが少なく微妙なトーンの表現がしやすくなりますが、その反面ボディやレンズの大型化を招き、消費電力が大きくなります。

http://digitalcamera.main.jp/chishiki/satuzousosi.html

いいとこ取りの一眼デジタルカメラ

僕が今回購入したのは「一眼デジタルカメラ」と呼ばれる、
2つの中間に位置するカメラです。

一眼よりも軽くお手軽で、デジタルカメラよりも拘った写真が撮れます。

ミラーレスとは?

一眼デジタルのミラーレスとは、「ミラーボックス」と呼ばれる部分を無くしたカメラの事です。
ミラーボックスを無くす事で大幅な軽量化、小型化が可能となります。

サイズは小さく、写りは一眼レフ並みという素晴らしいカメラです。

その他に僕の購入した「SONY NEX-5R」は、
Wifiによるスマートフォン等への写真の転送などデジタルならではの
便利な機能も満載。

且つ、撮れる写真も素晴らしいです。
この辺は前回の記事を読んで頂ければと思います。

おすすめ!デジタル一眼カメラ「SONY NEX-5R」が素晴らしいのでレビュー書いたよ!

本のおすすめ

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 伝わる写真の撮り方編

-カメラ

Copyright© ENJILOG , 2017 All Rights Reserved.