*

[iOS6] 脱獄したiPhone5を元に戻すスマートな入獄方法ガイド

今秋には公開される予定のiOS7、
だいたい脱獄メニューもデフォルトで揃うので、不具合も多い事だし
少し早めに入獄する事にしました。

僕のようにiOS7を機に入獄する方も多いのでは?
せっかくなので、iOS6の脱獄iPhoneのスムーズな入獄方法
記事にしておきたいと思います。

photo credit: Gìpics via photopin cc

スポンサーリンク

脱獄iPhone5(iOS6)を入獄する方法

一番のコツ!不要なアプリを消しておく事!

入獄に関して何よりデータが多いと「復元」に時間がかかります。
とてもかかります。また、

データの重すぎはエラーの元

なので、いらないアプリはもちろん、「後でゆっくり」でいいアプリは消しておきます。
特に「動画ファイル」とか入っているアプリや重いゲームも消しておきましょう。

iPhoneをバックアップ

いらないアプリを消してスッキリさせたら
パソコンに繋いでバックアップを取ります。

念のため、写真のバックアップも別で取っておきましょう。
Windowsなら「コンピューター」から「(ユーザ名)のiPhone」でフォルダにアクセスできるのでどこかにコピーしておけばOKです。

iPhoneをDFUモードにする方法

次に脱獄iPhoneを入獄させるためにiPhoneを「DFUモード」にします。

iPhoneをパソコンに繋ぎます。

①電源を切ります。
②上のスリープボタン(1)を3秒ほど押し、電源を入れます。
③上のボタンを押したままホームボタン(2)を10秒ほど押します。
④上のボタンだけ離してホームボタンを押したまま10秒ほど待ちます。

上記が出れば成功です。「OK」を押します。

「iPhoneを復元」を押します。

「復元と更新」を押せば完了です。

※もし、iTunesのiOSが最新でない場合は先にiOSがインストールされます。
その場合、終了後にiPhoneとの接続が切れるのでケーブルをさし直してください。

iPhoneをバックアップして入獄完了

再起動後、以下の様にiTunesが表示されます。

 

「続ける」を押すと、ながーいデータの復元タイムです。
データが多いと軽く1時間はかかります。
時間に余裕があるときにしましょう。

脱獄iPhoneの入獄方法のまとめ

iPhoneの脱獄は素晴らしく便利ですが、
やはり動作不安やセキュリティ不安が絶えません。
実際僕も、アプリが消えたり、すぐにセーフモードに突入したりしました。
iOS7ではだいたいの不満が解消されるのでこれを機に入獄される方も多いでしょうね。

脱獄したパソコンで作業をすると全くiPhoneを受付ずに復元できない時があります。
そんなときは別のPCで入獄だけしてから元のPCで復元すると上手くいきますよ。

人気アイテムの紹介

もうこんなにiPhone6の商品が揃ってるんですね。
カード収納は僕にとって必須です。

スポンサーリンク

更新日:2014年9月15日

※Google+限定投稿もしています

お問合せ

「最悪の事態」から身を守るためにブロガーやアフィリエイターに伝えておきたいこと

上は僕に届いた1通のメールです。 昨日の記事が今年最後の予定だったので...

2016年健康になり、作業効率もUPする買って良かったモノ

今年もいよいよ終わってしまいますね。 つい先日、1年の決意をしたばかり...

どんなに忙しくても観る価値があると思った映画5本

今年もたくさん映画を観ました。 「ズートピア」「君の名は。」「ジャング...

VRではhtcViveが圧倒的におすすめだと思う理由と買ったら絶対やってほしい11のゲーム

「VRがキテる!キテる!」と言ってもPSVRの普及率も高くない今、その...

センス抜群!便利すぎる人気のアイデアグッズまとめ

ネットで話題になった商品や自分で使って便利だったグッズを随時上書きで更...

Webで生きていくなら絶対にあった方が良い道具のまとめ[改訂版]

こんにちは。enjiです。 Web屋として7年程生き抜いているのですが...

【最安値】ポケットWiFi比較で一番安いおすすめ料金プランと注意点

2017年2月現在、ポケットWiFiを比較した時に一番安い料金プランは...

人生で疲れたなぁと思ったら思い出したい当たり前の事

上手くいかない時、どうしようもない気分の時ってありますよね。 不安や恐...

面白いマンガ! 読んで損なし人気のおすすめ漫画を厳選紹介

photo credit: Stéfan via photopin c...

アフィリエイトのやり方とは? 初心者が稼ぐ為の基本知識

いよいよ今年も終わりですね。 今年、ENJILOGが注目された1つ理由...