*

WordPressで成約した検索キーワードを調べる方法~not provided対策にも

 5

「検索キーワード」は現在も、そしてこれからも凄い財産です。

カテゴリの無いブログを運営していて良いと思う事の1つに「検索ワード」が色々手に入る事だと思います。

ただ、この検索キーワードもGoogleアナリティクスでは「not provided」で隠されたキーワードが増える一方であり、Googleウェブマスターツールである程度は把握できるといっても「何時何分にどんなキーワードの流入があったのか?」や細かなデータを知る事ができません。

通常のブロガーであればそこまで細かく見る必要は無いかもしれませんが企業サイトやアフィリエイトなどの場合は「何で成約したのか?」というキーワードは非常に重要です。

今後も「not provided」はで見えなくなるキーワードは増えていくと思います。

2014-05-06_151946

そこで今回はプラグインを利用してガッツリと検索キーワードのデータを取得して検証する方法を記事にしたいと思います。

今回の流れ

  • WPプラグインの「WASS UP」の導入
  • phpMyAdminから「キーワード」と「日時」データのみをがっつりエクスポート
  • エクセルで読み込めるように変換
  • タイムスタンプを通常の日付に直す

こんな感じです。
多くの情報を取得できるプラグイン「WassUp」を御存知の方は多いでしょうが、もう少し突っ込んだ使い方をしたいと思います。

2014-05-06_151310

最終的にはこんな感じで日時と検索ワードを時系列に表にします。
成約の時間が分かる場合は照らし合わせれば何がCVしたのかが見えるはずです。

credit: Hélène Plaisant via FindCC

スポンサーリンク

 WassUpの基本

2014-05-06_163449

Plugin https://wordpress.org/plugins/wassup/

プラグインは管理画面の「プラグイン」より新規インストールにて「WassUp Real Time Analytics」と入力すればすぐに見つかるのでインストールして有効化します。

以下がプラグインの画面です。

2014-05-06_163206

①では、どれだけの期間を表示するか?
②では何件、そしてどのようなタイプの訪問を表示するかになります。図のように「Referrer from search engine」を選択すると「検索流入」のみのリファラーが表示されます。

そして③をクリックするとアクセスに関するTOP10を見る事が出来ます。

2014-05-06_163434

 このプラグインはデータを全てデータベースに保持しています。(設定より期間を指定できる。)これを利用して今回は日時と検索キーワードだけを取得します。

phpMyAdminへ

利用しているサーバーからphpMyAdminへ行きます。

phpMyAdminはデーターベースを管理できる管理ツールです。有名とはいえ、普通にブログをしているだけなら実際に使用した事が無い人も多いかもしれません。ツールの利用方法はサーバーにより異なります。エックスサーバーの場合は以下のリンクから利用できます。(他のサーバーもサーバー名とphpMyAdminでググれば出てくると思います。)

2014-05-06_152940

リンクをクリックすると、ユーザー名とパスワードの入力を求められます。

 2014-05-06_153645

こちらはワードプレスのパスワードではありませんので注意して下さい。忘れてしまった人は現在のwp-config.phpをサーバーからダウンロードして

2014-05-06_181648

メモ帳などのテキストエディタで開いて下記の場所を確認しましょう。

2014-05-06_202446

ユーザー名とパスワードの記載があるのでこれでphpmyadminにログインしましょう。

検索キーワードデータの取得

2014-05-06_201248

WordPressのデータベースを選択します。
「wp_●●」というテーブルが並んでいます。

2014-05-06_182622

選択して表示したら①「SQL」を選択し②の白枠に

を入力して③実行します。
ちなみに「1000」は取得する件数なので任意の数字に変更してもらって構いません。

実行すると日付の新しい順に1000件の検索キーワードがデータがずらりと並びます。

2014-05-06_190830

最下部まで移動しましょう。

  2014-05-06_151556 

最下部の「すべてをチェックする」にチェックを入れて②「エクスポート」ボタンをクリック

 2014-05-06_145820

①CSVデータを選択して②「ファイルに保存する」にチェック。③の圧縮形式を選択(1000件程度なら「なし」でもoK)して④「実行する」をクリック。

2014-05-06_145851

CSVデータがダウンロード出来ます。

エクセルで見れるようにする

このままではデータは文字化けして使えません。
一度、このcsvデータをメモ帳等のテキストエディタで開き、文字コードを「UTF-8」に変えて、かつ「txt」ファイルにします。

2014-05-06_150243

エクセルを起動します

2014-05-06_20h00_47

メニューより「開く」を選択

2014-05-06_150416

①の箇所を「テキストファイル」にして先程作成したファイルを選択。

2014-05-06_150431

最初はデフォルトのまま「次へ」

2014-05-06_150444

区切り文字は「セミコロン」を選択

2014-05-06_150457

「日付」にして完了。

2014-05-06_150542

無事、データを読み込めましたが時間が「タイムスタンプ」のままなので変更します。

2014-05-06_20h00_17

①新しくB行を挿入して最初の列のセルを1つ選択します。

2014-05-06_150623

②に「=”1970/1/1″+A1/86400+9/24」と入力します。

そして、Bの行全てのセルの書式を「yyyy/mm/dd/ hh:mm 」に変更します。

2014-05-06_20h04_51

2014-05-06_150655

  2014-05-06_150707

日付が表示されました。

2014-05-06_150742

あとは書式をコピーしましょう。
(赤枠の+をクリックしたままctrを押して下にドラック)

2014-05-06_151310

完了です。
僕自身あんまりエクセル強くないのですが詳しい人なら後は煮るなり焼くなりできると思います。

まとめ

 GWもとうとう終わりましたね。
僕も多分に漏れず「アナと雪の女王」をチビ達と共に見てきました。

おかげでチビは渡した小遣いを1日で全て使い切り、

「これで~いいの~♪」

なんて歌っていて何も言えません。。

上着を着ろと言っても
「少しも寒くないわ」ってエルサ以上にニヤリとします。

スポンサーリンク

更新日:2015年5月31日

※Google+限定投稿もしています

お問合せ

これは便利!PhotshopでWebアイコンを簡単に使用する方法

愛用していた「FLATICON」が結構前からPhotshopプラグイン...

無料でGoogle認定証が手に入るチャンス!最新SEOから実店舗のインターネット活用など広く学べる「ワークショップ」をやってみよう!

吉田さんは、吉田農園のフルーツや野菜を販売するウェブサイトを運営してい...

「最悪の事態」から身を守るためにブロガーやアフィリエイターに伝えておきたいこと

上は僕に届いた1通のメールです。 昨日の記事が今年最後の予定だったので...

2016年健康になり、作業効率もUPする買って良かったモノ

今年もいよいよ終わってしまいますね。 つい先日、1年の決意をしたばかり...

センス抜群!便利すぎる人気のアイデアグッズまとめ

ネットで話題になった商品や自分で使って便利だったグッズを随時上書きで更...

Webで生きていくなら絶対にあった方が良い道具のまとめ[改訂版]

こんにちは。enjiです。 Web屋として7年程生き抜いているのですが...

人生で疲れたなぁと思ったら思い出したい当たり前の事

上手くいかない時、どうしようもない気分の時ってありますよね。 不安や恐...

最安値!ポケットWiFi比較で一番安いおすすめ料金プランと注意点

2017年7月現在でポケットWiFiを比較した時に一番安い料金プランが...

アフィリエイトのやり方とは? 初心者が稼ぐ為の基本知識

いよいよ今年も終わりですね。 今年、ENJILOGが注目された1つ理由...

面白いマンガ! 読んで損なし人気のおすすめ漫画を厳選紹介

photo credit: Stéfan via photopin c...