たった一度の人生を簡単に台無しにする言葉

更新日:

medium_3870506267

人生を台無しにする言葉

面倒くさい

「面倒くさいっていう自分の気持ちとの戦いなんだよ」
巨匠、宮崎駿が仕事の流儀で放った言葉。

「面倒臭い」という言葉は、よく考えるとあってないような不思議な言葉。
存在しない言葉でありながら、人の生気を奪う最悪な言葉。

世の中に面倒臭いという事はなく、
「面倒臭い」と思う心に初めて「面倒臭い」という感情が産まれる。

「顔を洗うのが面倒くさい」

いや、何も考えずサッと洗ってしまえば「面倒臭い」は生まれない。
肌を綺麗にしたいという欲望があれば、喜びさえ生まれる。

考え方一つで生まれたり消えたりする「面倒臭い」という言葉は
それでいて、人生をつまらないものにするタチの悪い毒だ。

今日から、「面倒臭い」という言葉は忘れてしまおう。
そんな言葉は無いのだ。明日から。

photo credit: -mrsraggle- via photopin cc

スポンサーリンク

時間がない

photo credit: Caucas' via photopin cc

photo credit: Caucas' via photopin cc

大人になればなるほど「時間がない」と思う。
仕事、家族に追われて自分の時間なんて無いと嘆く声もよく聞く。

だけど、どれだけ待っても時間は生まれない。
増えない。1日24時間。誰にも平等だ。

何かを得たいなら何かを捨てなければならない。
時間が欲しいなら捨てなきゃならない時間を作るだけ。

「睡眠」「テレビ」「ゲーム」「恋愛」

何かはわからない。ただ、時間が無いと言っていても
時間は生まれない。

今だって振り返れば思う。

「時間はあった」と。

本気を出せば

photo credit: Shirin Winiger via photopin cc

photo credit: Shirin Winiger via photopin cc

映画を見て思う。
「最後のオチがまるわかり。俺ならもっと面白く書ける。」

漫画を読んでも「俺ならもっと上手く書ける。」

ほんの少し、勉強すれば。本気を出せば。

なら、早いうちに始めた方が良い。
思う本気がいかに脆く、
考える「勉強」がどれほど長い道のりか
が見えてくる。

容易く見える事がいかに難しいか。

「いいからやれよ、全力で。誰も止めないから。」

意味が無い

photo credit: @J_Martu via photopin cc

photo credit: @J_Martu via photopin cc

「生きる事に意味があるのか?」
「それをやる事に意味があるのか?」
「ホームラン王になって意味があるのか?」

「意味」って何だ?

それは最後までわからないのだけど、
だからといって何もしない人生より、精一杯掴もうとする人生でありたいだけだ。

そういう人、つまり努力している人に憧れるだけだ。
そうありたいと願うだけだ。

自分を好きに、なりたいだけなんだ。

人生が良くなる言葉

ありがとう

photo credit: kharied via photopin cc

photo credit: kharied via photopin cc

「ありがとう」という言葉が、当然の様に出る人は愛される。
ありがとう。本当は世の中はありがとうだらけだ。

生きている事。
食べられる事。
大好きな人が無事であること。

ありがとうで溢れている。伝えよう。
きっとハッピーになれる。

言った方も言われた方も。

おはよう

photo credit: Photosightfaces via photopin cc

photo credit: Photosightfaces via photopin cc

挨拶出来る人はカッコいい。
挨拶ができない人は臆病だと思う。
上手く言えないけど、挨拶が自分からできない人は臆病だ。

向こうから、大きな声で「おはよう!」と言われた時、
言えなかった自分の小ささを感じる。

仕事でもそうだ。面接もそうだ。
初めての名刺交換もそうだ。

大きい声で挨拶ができる人と仕事がしたい。

ユーモア

人をハッピーにさせるのはユーモア。
自虐的なユーモアを言える人には人が集まる。

自分を笑いものに出来る人は強い。
笑られる事より、笑わせる事を大切に出来る人は素敵だ。

人生なんてラララ

人生なんて、
「金があったか?」「何人抱いたか?」「成功したかどうか?」
とかじゃなくて、

「精一杯やれたか?」

だよね。

 

 

-人生

Copyright© ENJILOG , 2017 All Rights Reserved.