人生の教訓にもなる前田敦子のキンタローのネガキャンから起死回生の切り返しが見事すぎる件

更新日:



前田敦子写真集『あっちゃん』

もうずいぶんと長い事、水星の如く現れた「キンタロー」の物マネの為はあきらかに前田敦子さんにとってネガティブキャンペーンになってますよね。卒業してこれから!という時に「ついてないな〜」と思ってみていた訳ですが、それほどファンでもなかったのでまぁ気にしてはいなかったのですが、この度、素晴らしい起死回生をしたので思わず記事にした次第です。

キンタローのモノマネと前田敦子

キンタローという特殊な芸名の彼女ですが、「フライングゲット」というキャッチフレーズとともに特異な体型も手伝って前田敦子さんのモノマネで一躍有名になりました。前田敦子さんもAKB48の不動のセンターを卒業し、佐藤健さんとのプライベートをスクープされ最悪のタイミングの登場だったわけです。きっとAKBにいれば申す少し事務所の力とかあったのではと思ったりしたのですがね。

前田敦子さんの終わり

そんなこんなで、前田敦子さんの株はすっかり下がり、もともと「AKB48ありき」と考えていた人も多いので「もう前田敦子も終わりだね。」なんて声もちらほら聞こえはじめていました。まぁ、こういう事言うやつはそもそも自分は何も始まっていない人だったりするんですけどね。

前田敦子さんの起死回生の最高の切り返し

それは、SoftBankのCM

最後にかわいく「フライングゲット」と締める、好演技。
樹木希林さんの「ふっきれたわね前田さん」という台詞からあきらかに意識された演出である事が感じられます。

この演出を考えた人が誰かは知りませんが「見事」の一言です。
今まで蓄積されたマイナスを一気にプラスに変える演出と言っても過言ではありません。
言うなればオセロの端を取る事で全てをひっくり返してしまう程のパワーのある演出です。

この切り返しは本当に学ぶことが多く、
如何なる逆境でもプラスに変える方法は考えればあるんだと思わされます。
同じ意見かはわかりませんが有吉さんもTwitterで「前田のCMを見ると色々な不満がスカっと爽快になる」と発言しています。

コレを見て、「あぁ、やっぱり本物はかわいいな。」と思わずファンでもない僕も思ってしまいました。

前田敦子はかわいいか?

前田敦子に限らずAKBはよく、そういう話題がのぼります。
そこが秋元康の狙い所なのかもしれません。

ただ、確かなのはそういう話題で盛り上がってけなしている人たちよりは
彼女達は努力し、輝いていると思います。

何度も言いますが僕は決してAKBファンではありません。
安室ファンです。

「フライングゲット」

前田敦子写真集『あっちゃん』

-エンタメ

Copyright© ENJILOG , 2017 All Rights Reserved.