*

手書きアイコンの作り方

いつも皆さんのTwitterとかFacebookとかの素敵な似顔絵アイコンを見て「いいなー」と思っていたので、ちょっとササっと作ってみました。
今回は、ほんとに簡単ではありますが手書きアイコンの作成手順をご紹介します。

ちなみにPhotoshopを使用しています。

photo credit: Slaff via photopin cc

手書きアイコンの作り方

手書きアイコン用のラフを書く

まずはラフを書きます。
今回は、ゆるい感じが良かったのでとても簡単です。

使用したのは

STAEDTLER REG 製図用シャープペンシル 芯量調整機能付き 0.5MM

オキナ A4プロジェクト 5ミリ方眼 PPA45S

「Projectpaper」は、ブルーの罫線が印刷やスキャン時には映らないのでイラストに便利です。

ペン入れ

ラフにペンを入れます。
後で色を入れるのでなるべく線が途切れないようにして下さい。

使用したペンはこちら



ピグメントライナー 0.5 308 05-9

基本的に「STAEDTLER」好きです。

ゴムかけ

書いたら、綺麗に消しゴムで鉛筆線を消します。

イラストをスキャン

スキャナーなら何でもいいのですが今回は特にそこまで画質は必要ないしという事で手軽にScanSnapでスキャンしました。

FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

これは神アイテムなのでぜひ、1台は持っていた方がいいです。

Photoshopで開く

画像をPhotoshopで開きます。

2階調化で「しきい値」を変更

「イメージ」→「色調補正」→「2階調化」

いい感じの太さになるまで「しきい値」を調整

色塗り

塗りたい場所を「選択範囲」で選択して

「塗りつぶし」で好きな色に塗りつぶしていきます。

※隙間があって上手く選択範囲が選択できない場合はブラシや鉛筆で隙間を塗っておいてください。

ブラシで影をつける

レイヤーを追加し、はみ出さないように範囲を選択してブラシで軽く色を付けます(影とか)

「不透明度」を下げて馴染ませます。

正方形にする

正方形に「トリミング」します

手書きアイコンの完成

こんな感じで完成しました。

手書きアイコンの作成のまとめ

今回はとてもシンプルな流れです。
本当はもう少しレイヤーを分けて丁寧に作業すれば
もっといいものが出来ますよ。

スポンサーリンク

更新日:2013年8月7日

※Google+限定投稿もしています

お問合せ

ブログは本当に稼げるの?「ENJILOG」50万/月までの軌跡まとめ

僕がブログを始めたばかりの頃から月額50万円程のアフィリエイト報酬を稼...

これは便利!PhotshopでWebアイコンを簡単に使用する方法

愛用していた「FLATICON」が結構前からPhotshopプラグイン...

無料でGoogle認定証が手に入るチャンス!最新SEOから実店舗のインターネット活用など広く学べる「ワークショップ」をやってみよう!

吉田さんは、吉田農園のフルーツや野菜を販売するウェブサイトを運営してい...

「最悪の事態」から身を守るためにブロガーやアフィリエイターに伝えておきたいこと

上は僕に届いた1通のメールです。 昨日の記事が今年最後の予定だったので...

センス抜群!便利すぎる人気のアイデアグッズまとめ

ネットで話題になった商品や自分で使って便利だったグッズを随時上書きで更...

Webで生きていくなら絶対にあった方が良い道具のまとめ[改訂版]

こんにちは。enjiです。 Web屋として7年程生き抜いているのですが...

人生で疲れたなぁと思ったら思い出したい当たり前の事

上手くいかない時、どうしようもない気分の時ってありますよね。 不安や恐...

面白いマンガ! 読んで損なし人気のおすすめ漫画を厳選紹介

photo credit: Stéfan via photopin c...

仕事をする理由が無い〜日本人の目標は「楽をする事」なんじゃないか

昨日、たまたまつけていた番組が非常に良かった。加藤浩次さん司会の「全力...

アフィリエイトのやり方とは? 初心者が稼ぐ為の基本知識

いよいよ今年も終わりですね。 今年、ENJILOGが注目された1つ理由...