大変!Googleの2段階認証「Authenticator」をiPhoneごと紛失した!を仮にやってみた。

更新日:

medium_8592706808

Adobeの大量の個人情報の流出など最近はデータの流出の話題に枚挙がありません。
で、Googleは勿論の事、「EverNote」や「WordPress」、「Dropbox」にもこの2段階認証「Authenticator」を設定している方も多いと思います。

この2段階認証「Authenticator」ですが、手持ちのスマホ(僕の場合はiPhone)のアプリで「認証コード」を入力するのですが、

これ失くしたとき実際どうなるの?

ていうのを、少し気になったので念の為やってみました。

photo credit: Jonathan Kos-Read via photopin cc

2段階認証「Authenticator」を紛失した!

まずは普通にログインしてみる。

2013-10-04_212846

当然、2段階認証を聞かれます。

2013-10-04_212902

「電話をお持ちでない場合」を選択

2013-10-04_212924

「バックアップコードを使用する」を選択。

2013-10-04_213019

コードを入力。

2013-10-04_215157

お、おしまい。。

あっさりログインできました。
ここでもし、スマホなどを失くしている場合は2段階認証を停止するなり、
他の端末に変えるなりの変更をしましょう。

ここで、

「バックアップ確認コード 」って何?

となった人は次へ!
又は、「もう、忘れたわ」って人も。

Googleで「バックアップ確認コード 」の取得

Googleのアカウント画面では「バックアップ確認コード 」を紛失した時用に用意されていますね。最初に設定した時に保存したとは思いますが、

どこにやったか覚えてますか?

怪しい人は念の為、再度取得しておきましょう。

2013-10-04_193236

「アカウント」→「セキュリティ」から

2013-10-04_193256

「2段階認証プロセス」の「編集」

2013-10-04_193329

「バックアップコード」を表示

これで、全部で10個の緊急時用のコードが出てきます。
それぞれ使えるのは1回までです。

まとめ

まぁ、だいたいは「この端末ではもう認証コードを聞かない。」ってしてるはずなんで
よっぽど、こういうことは無いでしょうけどね。

でも、「バックアップ確認コード 」忘れた方
は多いんじゃないですか??

-Google

Copyright© ENJILOG , 2017 All Rights Reserved.