*

ストレートネックの治し方~スマホ首で頭痛や肩こり急増中!

首の痛み

ストレートネックは首の骨が本来、S字状であるにもかかわらず真っ直ぐな状態(ストレート)になった状態を呼んでいます。

僕自身、整体に通っているのですが

「アナタ、真っ直ぐを通り越して反ってるわよ?」

と言われるほどかなりヤバイ状態なので改善方法をずっと探していました。

この記事ではストレートネックになる原因とその治し方について説明したいと思います。

ストレートネックの治し方

子供も増えているストレートネックの原因

ストレートネックが現在、急増している原因はズバリ「スマートフォン」とパソコン。

常に顔を下にしてスマートフォンを操作する姿勢や、「アゴ」を上げた姿勢でのパソコンがストレートネックの原因となっています。ちなみに僕は両方当て嵌まります。特にパソコン作業でアゴを突きだした姿勢で長時間作業しているのがよくないようで顎を引いた姿勢を心掛けなければなりません。(すぐ忘れてしまう)

最近では子供でもスマートフォンの影響でストレートネックになる子も増えているようで「スマホ巻き首」「スマホ肩」などと呼ばれ猫背の原因にもなっているようです。

ストレートネックの主な症状と診断方法

2016-06-13_154621

ストレートネックの診断方法として有名なのは「足、お尻、背中、肩を壁につけた状態で頭が壁につくか?」というものですが、正直僕は余裕で付きます。でも重度のストレートネックなのでこの方法はあまりあてにならないかもしれません。

一番確かなのは整体師の方に見てもらったり整形外科でレントゲンを撮ってもらうのが100%ですが、スマートフォンやパソコンなどの姿勢が思い当たる方は予備軍として十分に注意をした方が間違いありません。

特に若い女性の方は男性に比べて首の筋肉が弱い為は半数以上がストレートネックだと指摘されています。

一番の症状は頭痛・肩凝り

ストレートネックで一番起こしやすい症状は「頭痛」です。

僕の通う整体師の方曰く、年を取れば取るほどに酷くなるそうなので今は大丈夫と思っていても、ちゃんとケアをしなければ老後に酷い頭痛に悩まされる可能性が高いと思っておいた方が良いでしょう。

また当然「肩こり」、そして首のストレスから頸椎疾患を起こして手足のしびれや腕のしびれなど神経疾患の原因にもなると言われています。

その他の症状

肩凝り・首コリ・頭痛・背中の痛み・腰痛・頚椎症・頸椎ヘルニア・手足のしびれ・耳鳴り・めまい・顎関節症・五十肩・不眠・睡眠障害・自律神経失調症・更年期障害・動悸・慢性疲労・イライラ・ほてり・うつ

 ストレートネックの治療方法

タオルを使った改善方法

ストレートネックを改善するには緊張で凝り固まった筋肉の緩めて正しい位置に戻すストレッチが効果的だそうです。

最近ではテレビでも「テニスボール」や「タオル」を使った方法が紹介されていて僕もマネしてみたのですが

イマイチぴんと来ない。

テニスボールは固すぎて小さく、ピンポインで気持ち良いというより痛いし伸びているというより圧迫されている感じで骨が良い感じで矯正されてる気がしません。

タオルは丸めれば柔らかく首や頭のサイズにフィットさせるのは簡単なのですが中途半端に柔らかくて伸びている感じがしない

意外と難しいものだなぁと。

スローコアの専用枕

DSC01667

で、今最終的に使用しているのがコチラ、スローコア製品。

元オリンピック代表で現在、国士舘大学教授であり柔道整復師の方が監修したストレートネック専用のストレッチ枕だそうです。

DSC01668

もう、専用に開発されたやつなんでテニスボールとかタオルとか比較になりません。首の形にフィットして「ああ、これは良いわ」って感じで伸びます。凄く抽象的な良い方ですがシンプルな構造なのでこれ以上言いようがありません。

DSC01673

弾力も完璧です。

テニスボールのように固くなく、タオルのように柔らかくなく首を伸ばす最適の固さ。たかが枕、首をストレッチするだけのものなんですがコダワると全然違うんですね。

 この枕を使用したストレッチ方法は色々あるのですが、横になって首を振るストレッチだけで凄く伸びて矯正されてるのを感じますよ。

「ストレートネック用枕」スローコア公式サイト

[cft format=0]

スポンサーリンク

公開日:2016年6月14日

※Google+限定投稿もしています

お問合せ