データ大容量パケットパック比較~ドコモ・au・ソフトバンクはどこが安い?

2016年9月13日、NTTドコモは「カケホーダイ&パケあえる」にデータを大量に使用できる新料金プラン「ウルトラパック」を追加したと発表。それに追従するかたちでauは「スーパーデジラ(データ定額20、データ定額30)」をソフトバンクはスマ放題として「」を発表しました。

この記事では3者のデータパックのどこが一番安いのか?

そして、ポケットWiFiの代わりにもなるのか?を知らベました。

報道発表資料「ウルトラパック」の提供開始

スポンサーリンク

データ大容量パケットパック比較

ドコモ・au・ソフトバンクで一番安いのは?

3者の大容量データプランの料金を比較してみます。各プランは20GB、30GBが用意されています。

  docomo au ソフトバンク
5GB 5,000円 5,000円 5,000円
20GB 6,000円 6,000円 6,000円
30GB 8,000円 8,000円 8,000円
その他 カケホーダイ 2,700円
ずっとドコモ割 ▲800円

スーパーカケホ 1,700円
LTE NET 300円
auスマートバリュー ▲1,410円

通話定額 2,700円※2年契約
ウェブ使用料 300円

※詳細はかならず公式サイトにてご確認下さい。

表を見れば一目瞭然ですが3社とも同じ料金設定となっており、現時点では違いはありません。どのサービスも1,000円ほど追加するだけで4倍のデータ通信量を使用することが可能になります。

その他の「通話料金」が2年契約でドコモは2,700円、他の2社はネット代含めて2,000円となっています。ただし、auはスマートバリューとして1,410円の値引きが適応されるので総額ではauが一番安い料金のようです。

大容量20GBってどのくらい?

データ容量20GBと言われてもピンとこないかもしれません。この場合の20GBとはデータを保存できるメモリの量ではなく一か月に通信できるデータの量で例えば動画を見た場合は1分あたり4Mbと仮定すると90時間視聴が出来ます。つまり1日3時間程度ですね。(今までのスマホは7GB制限なのでだいたい1日1時間程度)

音楽なら約5,000曲のダウンロードが可能です。

各プランは自身で申し込みをしないと自動では設定されません。旧プランのまま損をしている方はすくなくないので必ず自身のプランをチェックしましょう

大容量データプラン 各社の詳細

ドコモ「ウルトラパック」

1000円追加で5GBが4倍の20GBに。よく使う人は利用しないと絶対に損ですね。

3,000円追加すると6倍の30GBまで増やす事が出来ます。

出典https://www.nttdocomo.co.jp/charge/newest_plan/ultra_pack/

au「スーパーデジラ(データ定額20、データ定額30)」

docomo同様の料金設定ですがauには「あまったデータの翌月繰り越し」「タブレットとのデータ共有」など魅力的なオプションが用意されています。

出典http://www.au.kddi.com/mobile/charge/pr/dejira/

ソフトバンク スマ放題「ギガモンスター」

ソフトバンクも料金設定は同じです。というかそもそもソフトバンクにはもっと高額の料金設定で大容量プランは先駆けてあったのですが今回の件で足並みそろえた料金設定となりました。

出典http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/sumahodai/smartphone/

パケットパックとポケットWiFiとの比較

パケットパックはポケットWiFiの代わりになるの?

データ容量も増え、テザリングも可能なスマートフォンの場合にはポケットWiFiの代用として利用できるのではないかと考える人も多いと思います。たしかに1,000円程度で20GB使用できるのは大きな魅力です。

ただし、データ大容量の場合テザリング代もUPするので注意が必要です。

30GB以上使うユーザーは、使い放題のwifi端末の方がオトク

出典http://www.au.kddi.com/mobile/service/smartphone/tethering/

auとソフトバンクはテザリング代1,000円に。

auやソフトバンクは通常のデータ定額のデザリングが無料~500円なのに対して大容量パック(20/30GB)1,000円に値上がりします。(docomoはテザリング自体がオプションではなくプランに含まれたサービスなので特に料金は発生しないようです)

つまり、テザリングを含めてポケットWiFiの代用のためにパケットパックを使用するには2,000円程度かかるということになります。

とくにネット動画利用ユーザーなどバケットパックを検討するような30GB以上利用するユーザーは使い放題のポケットWiFiの方がお得になるのです。

通信速度・携帯性でポケットWiFiとは性能が異なる

スマホの通信は高速といえども4G LTEで最大通信速度は100Mbpsとなっています。


http://www.au.kddi.com/iphone/iphone5/service/4glte/

それに比べてポケットWiFiでは2つの回線を束ねて利用するキャリアグリゲーションという技術が使用できる端末が多く、その最大速度は187.5Mbpsと倍近いスピードとなっています。


http://www.ymobile.jp/lineup/305zt/index.html

また、ポケットWiFiの大きなメリットとして誰でも簡単に持ち運べるという点があります。

例えば、子どもや部下などが「ちょっと出かけるから貸して欲しい」なんていう場合もスマホのテザリングを貸し出すわけにはいきません。

このようにあくまでの容量が足りないという方には最適なプランですがポケットWiFiの代わりというのは少し難しいようです。

まとめ

大容量データのパケットパックで選ぶなら料金が同じぶん「au」が一番オプションが魅力的です。

ただし、「ポケットWiFi」の代わりにはならないので別モノとして利用すべきだと思います。

公式無制限ポケットWiFi「502HW」サイト
関連Yahoo!WiFi「502HW」レビュー(評判)

更新日:

Copyright© ENJILOG , 2017 All Rights Reserved.