契約してわかった!ポケットWiFi比較で一番安いおすすめはこの2つ 2019年8月

ポケットWiFiとMac

料金プランは「最初の◯か月だけ安い」などなかなか本当にどれが安いのか?が非常にわかりづらくなっています。そこで分かりやすくするために2年間で実際に支払う合計の概算を算出しました。

そもそもポケットWiFiとWiMAXは何が違うのでしょうか?また、安さの理由にはどんな違いがあるのでしょうか?

サービスを選ぶ時に失敗しないための比較ポイントや一番安い月額料金でおすすめサービスをわかりやすく紹介していきたいと思います。

おすすめポケットWiFiはコチラ

ポケットWiFiの比較

2019年8月現在の各社の料金一覧です。

サービス/下り最大速度 内容
ポケットWiFi
Yahoo!モバイルWiFi

料金プラン

最安値No1!47,520円(2年分)

月額1,980~円※1GBの場合

  • 端末・送料無料
  • 最短翌日到着
Yahoo!モバイルWiFi(使い放題)

料金プラン

101,016円(2年分)

月額3,696円

  • 端末無料
WiMAX(使い放題)
カシモWiMAX

料金プラン

使い放題最安値!77,120円(2年分)

月額1,380円
※3ヶ月目から3,380円

  • 初月無料
  • 端末無料
  • 送料無料
参考:僕が「カシモWiMAX」に決めた理由
UQ WiMAX

料金プラン

104,488円(2年分)

※端末代2,800円とした場合

月額3,696円
※4ヶ月目から4,380円

  • 10,000円キャッシュバック
  • auユーザー値引き
GMOとくとくBB

料金プラン

104,004円(2年分)

月額3,609円
※3ヶ月目から4,263円

  • 40,450円キャッシュバック
  • 端末・クレードル無料
  • auユーザー値引き
Broad WiMAX

料金プラン

83,494円(2年分)

月額2,726円
※3ヶ月目から3,411円

  • 端末無料
  • auユーザー値引き
So-net

料金プラン

81,120円(2年分)

月額3,380円
※3年間ずっと

  • 1年10ヵ月以降の機種変更0円

※概算にはキャッシュバックなど特典は含んでおりません。詳細は公式サイトにてご確認下さい。

料金プランは「最初の◯か月だけ安い」などなかなか本当にどれが安いのか?が非常にわかりづらくなっています。そこで分かりやすくするために2年間で実際に支払う合計の概算を算出しました。

そもそもポケットWiFiとWiMAXは何が違うのでしょうか?また、安さの理由にはどんな違いがあるのでしょうか?

サービスを選ぶ時に失敗しないための比較ポイントや一番安い月額料金でおすすめサービスをわかりやすく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ポケットWiFiの比較ポイントは?

WiFi(ワイファイ)とはインターネットに接続する無線LANの規格の一つで、その名の通り線に繋ぐ必要なくインターネットを利用することが出来ます。

「ポケットWiFi」はそのWiFi通信を小型で持ち運べるサイズにした端末で正式には「モバイルWiFiルーター」と呼びます。WiFiに対応した機器(スマホやタブレット、ゲームなど)であればパスワードを入れるだけでプロバイダに登録する必要もなくインターネットに接続することが可能です。

昔に比べて非常に薄く軽く、なおかつ高速な通信が可能となっており、1台持っているだけで平均的に10個ほどのWiFi対応機器に同時接続が出来るので、今ではサブ機や外出時の緊急用としてだけでなく家庭や会社のメイン通信として利用される方も増えています。特にWiMAXはクレードルと呼ばれる台座を使用することで有線での接続も可能です。

周波数が違うと何が変わるの?WiMAXとの違いについて

ポケットWiFiにはソフトバンクの提供する「ポケットWiFi」とau(エーユー)などでお馴染みのKDDIグループ傘下のUQ Mobileが提供する「WiMAX」の2つの通信回線があります。

あまり知られていませんが「ポケットWiFi」という名称はソフトバンクの商品名称であり、小型のWiFi機器を全てを指す名称ではありません。

このポケットWiFiとWiMAXは通信回線の種類(周波数)が異なるので、その電波自体に大きな特徴の違いがあります。

Wi-Fi(無線LAN)の周波数帯の特徴とは?

屋内に強いポケットWiFiと高速なWiMAX

WiMAXは「2500MHz」という非常に高い周波数の電波を使用しているため、高速な通信を可能にしています。その反面、遮蔽物(壁など)やノイズの多い状況下では不安定になりやすく、屋内に弱いという性質があります。

反対にポケットWiFiが使用しているのは「800MHz」周波数の携帯ネットワーク(4G/3G/LTE)で、その特徴はWiMAXにはスピードがやや劣るものの、壁などの遮蔽物も通しやすく届きやすいという性質があります。

これは自宅などの屋内で利用が多い方に重要なメリットです。

ポケットWiFi WiMAX
回り込みに強い 高速・回り込みに弱い

モバイルWiFiの通信速度の比較

通信速度とは利用時のインターネットスピードを指し、主に下りの最大速度で比較されます。下りは「ダウンロード」のスピードを表します。つまり下りスピードが速いほどインターネットの閲覧表示が速くストレスが少ないと言えます。

現在の両社の下りの通信最大速度は以下の通りです。

見てのとおり、現時点では最高速度では圧倒的にWiMAXの方が勝っています。

ポケットWiFi WiMAX
261Mbps 440Mbps
ハイスピードの秘密「キャリアアグリゲーション」とは?

図:uqwimax.jp/signup/pop/ca/

新しい技術の「キャリアアグリゲーション」とは2つの電波を束ねてより高速な通信を可能にした技術です。WiMAXの高速通信もこのキャリアアグリゲーションによるもので「WiMAX2+」と呼ばれています。ポケットWiFiでは「AXGP」と呼ばれます。

但し、両社ともにハイスピードモードは対応しているエリアのみであり、プランや機種によって対応していない場合があるので注意が必要です。

キャリアアグリゲーションで超高速通信

実際は違う?通信速度を実際に計測してみた結果

以下は下り110MbpsのYahoo!モバイルWiFi(GL10P)と倍の220Mbpsが出るWiMAX(WX02)をiPhoneアプリ「SpeedTest」で実際に室内の下り速度を計測した結果です。

左がWiMAX、右がYahoo!モバイルWiFiです。WiMAXの下りが9.83Mbpsに比べてYahoo!モバイルWiFiは15.16Mbps実際には遅いはずのYahoo!モバイルWiFiの方が倍近く速い結果となっています。

あくまでも一例となりますが、このように各社が公表している「スピード」は使用するエリアや場所状況で全く異なってくるので、あくまでも理想の参考値として考えておいた方が無難でしょう。

現実的にどれぐらいの通信速度が必要?

ちなみに一般的に広いエリアで使用できるWiFiの通信速度は共に110Mbps程度です。110Mbpsでもゲームや動画も問題なく快適に閲覧できるので、日常生活レベルで困ることはまずありあません。そのため、必ずしもハイスピードが必要というわけではないと思います。あくまでも予算と利用に応じた必要十分な機能があれば良いわけで、この辺は画質が高すぎても意味が無いカメラの性能を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

通信速度よりも重要な対応エリア

2014-05-10_145014

カメラの例でもお話した通り、通信スピードよりも繋がり易さです。

どれほど通信スピードが速くても電波が悪いようでは意味がありませんよね。Y!モバイルは、古くからポケットWiFiサービスを行ってきたイーモバイルを継承していることもありLTEが使用できるエリアが全政令指定都市および全県庁所在地人口カバー率99%を達成しています。また4Gエリアも順次拡大中で既に全国政令指定都市人口カバー率は100%です。街中はもちろん、ちょっと市外や田舎でも繋がる事はポケットWiFiの重要なポイントです。

対するWiMAXも現在は主要エリアではほぼ問題なく使用できるまで拡大しています。都心エリアであればそこまで気にする必要はないかもしれません。

対応エリアは機種やプランでも異なる場合があります。各サイトに掲載がありますので地方の方は特にチェックをしましょう。

サービスの料金の違いの理由は?

ポケットWiFiとWiMAXの電波の違いを把握したところで各サービスの料金の違いの理由について説明します。

それぞれの料金が違う理由は

  1. 無制限(使い放題)かどうか
  2. プロバイダによる特典の違い

になります。

無制限で使えるかどうか

通信制限は、月にある一定以上のパケット量を超えると急に重くなる(表示が遅くなる)というものです。

だいたい毎日動画を1時間みると一か月で7GB位の目安だそうです。

動画が容量を使用する代表的なもので、比較するとメールやWeb閲覧程度ならほとんどかかりません。「1日に1時間も動画見ないよ」」という方かどうかで無制限プランが必要かどうかの目安になると思います。(スマートフォンの通信制限もほとんどが7GBなのでこれも1つの目安になると思います)

以下、ソフトバンクホームページより「7GB」で使用できる目安が掲載されています。


faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=78871&a=101&id=78871

※各数値は「およそ」の目安です

ただ、現在はYouTube動画などもどんどん高画質になり、「7GB」では少し心許ない(足りない)とも言えるでしょう。

プロバイダの特典

WiMAX回線は回線事業を行っているUQWiMAX以外でも「GMO」「BIGLOBE」などの別会社がプロバイダーとして代理販売を行っています。

魚を直接市場で買うか、卸スーパーで買うか?と考えれば想像しやすいと思います。同じ魚でもスーパーによって料金が違いますよね。同様にWiMAXを扱う各プロバイダーが自社で利用してもらうために様々な特典を用意して差別化を図っています。

どのサービスを選択しても窓口が違うだけでWiMAX通信というのは変わらないので電波状況は同じです。

決定!失敗しないおすすめポケットWiFiはコレ - 2019年8月

僕自身は今まで使ってきた経験上、使い放題プランの方をおすすめします。

月額費用が安いことは魅力的ではありますがやはり「通信制限を心配せずに使えること」を重視したいからです。僕は現在カシモWiMAXを使用していますが、エリアも広く、携帯が繋がらないような地方に行った時もバッチリ繋がり、新幹線のような高速移動時でも安定して繋がってくれるのでとても助かりストレスなく使用できています。

ポケットWiFi選びでは「とにかく安くしたい」のか「スピード重視」などでも選択が分かれてくると思います。

とにかく一番安く抑えたいなら

月額1,980円。とにかく一番安く抑えたいなら「Yahoo!モバイルWiFi」一択

現在、業界最安のポケットWiFiはY!モバイルの提供する「Yahoo!モバイルWiFi」です。

Yahoo!モバイルWiFiは1GBのお得なプランとなっています。

料金に関しては「初期費用無し」「端末料金なし」「送料無料」月額1,980円(5GBは2,480円)という驚異的な料金で利用する事が出来ます。僕のように自宅や会社などには別のネット回線があって、外出時用に安いポケットWiFiが持ちたいという方にピッタリです。

1GBと使用範囲は多いとは言えませんが、2年合計で5万円近く他社よりも安い計算になります。

5万円あれば色々買えますよね。

僕は5GBプランを3年ほど使っていましたが、とりあえず「安くて繋がるポケットWiFi!」を探している方はこれ一択だと思います。

但し、使い放題では無いので注意して下さい。

Yahoo!モバイルWiFi料金プラン

参考 申し込みの流れ
関連Yahoo!モバイルWiFiの実際の体験レビュー

僕が選んだのはコレ!

カシモWiMAX

2016-04-13_154120

無制限(使い放題)で契約したいなら「WiMAX」の方が安く利用できます。さらにスマートフォンが「auユーザー」なら月々の電話代が最大934円の値引きになるという「auスマートバリュー」もあります。

その他にWiMAXを選ぶ方の理由として「有線でも使用できる」というメリットがあり、クレードルと呼ばれる台座を購入することで無線だけでなく有線で端末に繋げられるので、WiFiに対応していない機器でもネットに繋げる事が可能です。

家庭やオフィスでメイン回線として有線で直接PCなどに接続したい方や利用端末にWiFi機能が無い方には嬉しい仕組みだと思います。

前述しましたがWiMAXは複数のプロバイダが販売を行っておりますが回線は同じなのでどこを選んでもエリアやスピードなど通信の違いは一切ありません

単純に各社のサポートや特典、料金で比較することになります。

使い放題で一番安い。しかも高速

「カシモWiMAX」は新しく登場したWiMAXサービスです。

現時点では「使い放題」の中でもっとも安いサービスとなっています。下り最大758Mbpsの高速端末「Speed Wi-Fi NEXT W05」が無料で選択できます。「カシモWiMAX」に関しては以下で詳細を説明していますので興味のある方はチェックしてみて下さい。

僕も9月(2018年)から使用していますが、安くて使い放題というのは有難いです。

参考:僕が「カシモWiMAX」に決めた理由

カシモWiMAXの料金プラン

ココがポイント

他のサービスが全て「3年契約更新(3年以内の解約は違約金が発生する)に対してカシモWiMAXは「2年でOK」という点もメリットです

UQ WiMAX

顧客満足度No1!本家のWiMAX

WiMAXは複数のプロバイダが代理販売をしていますが、その大元の回線事業を行っているのがUQ WiMAXです。

UQ WiMAXの魅力は何といってもその「本家」という安心感と信頼性

オリコン日本顧客満足度アワード4年連続No1

オリコン日本顧客満足度アワード4年連続お客様満足度No1に選ばれており、サポートの高さとトラブルの少なさが窺い知ることが出来ます。

Photo:uqwimax.jp/information/201512102.html

料金も重要なポイントですがトラブルが無いこと、そして何かあった時にしっかりと対応してくれる「安心」「信頼」も長く利用するうえでは欠かせないポイントです。

キャンペーンページから申し込むと「10,000円分のJCBギフト券」が貰えます。公式サイトから申し込むと特典が貰えないので注意してください。

特典がもらえるページはココ↓

要ブックマーク UQ WiMAXキャンペーンページ

とくとくBB

特典No1が一番!キャッシュバック37,150円

豊富な特典で総合で一番特典が多いのはGMOの「とくとくBB」です。

キャッシュバックが最大で40,450円(選ぶ機種で変わる)、端末やクレードルが無料と至れり尽くせりなお得な特典が盛りだくさんです。

但し、特典の受け取りが「11ヶ月後に送られてくるメールに返信」という少しわかりづらい手順なので忘れないように注意が必要です。

GMOとくとくBBの料金プラン

WiMAXは他にも「Biglobe(ビッグローブ)」などがプロバイダをしています。さらに「WiMAX」を検討したい方は以下のページで詳しく紹介しています。

WiMAXプランの比較をさらに詳しく

「Yahoo!モバイルWiFi」の高速・使い放題プラン

実はYahoo!モバイルWiFiにも「使い放題・高速」のプランがあります。

月額は3,696円でAXGP対応でハイスピード通信が可能です。新しく登場した端末の603HWの最高通信速度は下り612MbpsとWiMAXを抜いて現時点で最速となっています。

また家庭でよく使用される2,4GHz帯ではなく5GHz帯を使用している為、他の機器と干渉が少なくストレスの無い安定した通信も特徴です。

回り込みや屋内に強いポケットWiFiの電波を「高速・使い放題」で使用したい方に。

※こちらはYahoo!プレミアム会員になる必要はありません。

自宅でも使える!おすすめWiFi

もはや、無線であるWiFiでも今までの有線LANと変わらない速さになってきました。であれば、自宅でも煩わしい配線とはおさらばして最初から無線であるWifiで快適にインターネットを楽しみたいですよね。

WiFi(無線)も出来るインターネットプロバイダはいったいどこかお勧めなのでしょうか?

スポンサーリンク

今までの有線のインターネット契約と無線のWifiの契約と何が違うの?

今まで契約した事のあるインターネットは有線のLANケーブルを差して使用していたと思いますが無線のWifiの契約と何か違うのでしょうか?

答えはNOです。

今までモデムを通して有線をパソコンに差していたものをモデムからWifiルーターに差すだけの違いになります。つまり、だいたいどのプロバイダーでもwifiは出来るという事です。ただ、当然スピードが落ちるので最低でもADSL(50Mbps)以上は欲しいところです。

インターネットのプロバイダーとは?

medium_3174598565

プロバイダって何?何してくれるの?と思う方も多いのではないでしょうか。

プロバイダはインターネット接続会社であり通常はどこかのプロバイダと契約をしなければインターネットを見る事はできません。わかり易くいってしまえばインターネットとあなたを繋ぐ扉のような存在ですね。

ブロードバンドとは?

そのインターネットと「繋ぐ」線が太い方が当然早く通れますよね。それが一般に言うネット接続が早いという事になります。

ブロードバンドは「高速化」を意味し光ファイバーによりたくさんの情報を速く送れるわけです。

線が「光」や「ADSL」であり、それを繋ぐ役割をプロバイダがしてくれるイメージです。

Wifiルーターって何?

契約時に「パック」として用意されてる場合もありますが市販でも販売されています。現在のスマートフォンなどは接続するだけで自動で判別するので設定自体は簡単です。

一番安いワイファイを比較

自宅もWiFiが一番。今までのインターネット契約は面倒すぎる

一昔のWiFiは自宅や家庭でインターネットを楽しむにはスピードがもの足りなかったり、使い放題では無い点などから現実的ではありませんでした。

その為、NTT光などの回線とOCNなどのプロバイダの2つの契約を申し込んでから工事して、さらに小難しい設定などしてやっと使えるという非常に面倒でした。

オマケに部屋は回線だらけでゴチャゴチャ・・・

が、今は違います!

「速くて」「使い放題」で面倒なプロバイダ契約も無く、届いたその日からそのままスグに使えるインターネットWiFiサービスを選ぶ方がほとんどです。

【通常のインターネットサービス】

インターネットサービス 月額料金 工事費用
ドコモ光 4,000~5,400円 15,000~18,000円(手数料3,000円別)
コミファ光 3,980~5,550円 25,000円(手数料3,000円別)
ソフトバンク光 3,800~5,200円 24,000円(手数料3,000円別)
au光 5,100円 37,500円(手数料3,000円別)

※戸建てかマンションか、居住エリアなどでプラン料金は異なります

一般的に利用されているインターネットサービスはとにかく工事費用が高い

自宅でおすすめのインターネットWiFiはこの2つ(2019年8月)

「工事不要」「プロバイダ契約不要」

  • 使い放題
  • 高速通信
  • 月額料金が安い

という条件の中でお勧めのサービスは以下の2つです

サービス名 特徴

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)

月額4,047円 屋内用のインターネットサービス最安値

工事費用無し

通信速度 261Mbps
  • コンセントに差すだけ。工事やプロバイダ契約不要
  • 煩わしい配線など一切なし
  • 60台まで同時接続可能。安定した回線が特徴。使い放題!
  • ソフトバンクユーザーなら携帯代がさらに1080円OFF

SoftBank Air販売サイト

カシモWiMAX

月額1,380円~ 使い放題のモバイルWiFi最安値

工事費用無し

通信速度 758Mbps
  • 自宅でも外でも持ち運び可能なモバイルWiFi
  • 最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」が無料
  • 下り758Mbpsの高速通信。しかも使い放題で安心

カシモWiMAX公式サイト

それぞれ、自宅など屋内専用のインターネットサービスの最安値モバイルWiFiで「使い放題」の最安値サービスになります。

2つのWiFiの違いは?

「SoftBankAir」と「カシモWiMAX」の大きな違いは2つあります。

1つは「SoftBankAir」は完全に屋内専用のため外に持っていくことはできません。その代り、コンセントに差すだけですぐに使用することができ接続数の多さ(最大60台※カシモWiMAXは10台)と電波の安定性が特徴です。

反対にカシモWiMAXはポケットWiFiなどに代表されるモバイルWiFiルーターのため外へも持ち運びができます。

もう1つは電波の種類の違いです。

「SoftBankAir」は「800MHz」周波数の携帯ネットワークで屋内に回り込みやすく届きやすいという特徴があります。一報、「カシモWiMAX」は「2500MHz」という非常に高い周波数の電波を使用しているため、高速な通信を可能にしています。その反面、「800MHz」周波数と比較して遮蔽物(壁など)やノイズの多い状況下では弱いと言われています。

快適なネットの通信速度は?

インターネットを快適に閲覧するには一般的に下り速度が10Mbpsあれば問題ないと言われています。10~30Mbpsで快適、30Mbpsで非常に快適に閲覧できます。

ちなみにYouTubeが公表している閲覧に必要な速度は以下のとおりです。

www.youtube.com

高画質の4Kを閲覧でも20Mbpsあれば問題ありません。

迷ったらこう選ぼう

両者とも2年総額で見るとほとんど大差がありません

また使い放題という点でも変わりがないため、あとは用途に応じて選択するのが良いでしょう。

屋内ネットサービス最安値 モバイルWiFi最安値
SoftBank Air カシモWiMAX
  1. 自宅(屋内)だけで使用する
  2. 家族でいろんな機器に繋げたい(最大60台)
  3. とにかく面倒なのが嫌!(コンセントに差すだけ)
  1. 外でも使用したい
  2. とにかく通信速度は速い方が良い
  3. 10台以上同時接続することは無い

自宅やオフィスで大活躍!おすすめWiFi一覧

使い放題で最安値!「カシモWiMAX」

家でも外でも使えるモバイルWFiルーター

一番のおすすめは使い放題で最安値「カシモWiMAX」です(僕も使っています)。

「カシモWiMAX」は接続同時台数は10台までOK(端末:Speed Wi-Fi NEXTW05)、使い放題で高速(下り758Mbps)、そして2年間の総額で見ても一番安いモバイルWiFiです。1つだけ欠点があるとすれば他のWiMAXと違い有線でつなげるためのクレードルが無いことです。(※クレードルも追加出来るようになりました)

  • モバイルWiFiの使い放題プラン最安値
  • 屋外にも持ち運びができる

カシモWiMAX公式サイトへ

僕がカシモWiMAXに決定!使用してみた感想(レビュー)

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)

工事不要!コンセントに差すだけの自宅専用WiFi

自宅や家庭、事務所などの屋内専用WiFiとして人気のYahoo!の「SoftBank Air」

こちらは完全に自宅(室内)専用でポケットWiFiなどのモバイルWiFiルーターとの大きな違いは以下の2点です。

  • 接続同時台数が60台以上(※ポケットWiFiは10台が平均)
  • 屋内でも電波が非常に安定している

プロバイダも不要。届いたらすぐに使い始められる

あらかじめプロバイダのYahoo!BBが設定済みで料金にも含まれているので面倒なプロバイダ設定も配線工事もする必要なくコンセントに差すだけですぐに使用できます。電話線すら不要です。

2016-04-20_155647

工事業者など他人に家の中に入られる事も無いので女性の方も安心ですね。

速くて安い!下りスピード261MBps!

2016-04-20_155921

通信速度は下り261MBps!

少し前のauのKDDIグループ傘下が回線事業を行う高速通信「WiMAX」の220Mbpsを超えるスピードです。

従来のADSLが50Mbpsだったことから比較すれば一般生活では十分すぎる速度です。

もちろん、データ容量制限も無いので使い放題

分割払いなら月々4,880円。ソフトバンクユーザーならさらに安い

月額は分割払いなら4,880円/月(36回)。NTT光月額6,200円に比べるとかなり節約できます。

しかも

ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき1,080円値引き。

つまり、1,967円/月で使い放題のWiFiが出来てしまう計算になります。

家族でスマホを2台以上契約している場合は無料同然ですね。

メモ

スマホ代の値引きはSoftbankAirが届いた明後日以降に商品内の案内にあるMysoftbankからお申し込みが可能です。

その他のインターネット(WiFi)との比較

戸建ての場合の他のインターネットサービスの料金を比べてみます。

サービス 月額料金 工事
SoftBankAir 4,800円(ソフトバンク値引きあり) ◯不要
ドコモ光 4,000~5,400円 ×必要(工事費用15,000~18,000円)
auひかり 5,100円4,000~5,400円 ×必要(工事費用37,500円)
UQ WiMAX 4,380円(au値引きあり) ◯不要

UQ WiMAX」はWiMAXサービスの1つでauのKDDIグループが回線事業を行うインターネットサービスです。

WiMAXの使用している周波数「25,000MHz」は屋内に弱いという性質がある為、自宅で利用する場合は電波が届きにくいなどの注意が必要です。

その点、SoftbankAirの使用している「800MHz」は壁なども通りやすく「屋内にも届きやすい」ので、それも大きな魅力の1つです。

SoftBank Air販売サイト

SoftBankAirの申し込みの流れ

ネットからのWiFiの申し込みの流れ

ポケットWiFi最安値「カシモWiMAX」の契約の流れはコチラ

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)

申し込みは両方ともインターネットから簡単に出来ます。

ここでは「SoftBankAir」の申し込みの流れを紹介します。

ネットで申し込めば最短2~3日ほどで届きます

公式サイト>から「いますぐお申し込み」をクリック

「現在お使いの電話」「Yahoo!BB加入の有無」の2つの質問の答えをクリック

「この内容で申し込む」をクリック(まだ申し込みにはなりません)

お客様情報の入力

必要事項を入力します。

※①郵便番号は「-」(ハイフン)なしで、②の番地/号は全角で記入

「④同意する」には②と③をクリックして一度開く必要があります。

スマホがソフトバンクユーザーの方は「おうち割 光セット」を申し込むのを忘れないようにしましょう。

「同意してお申し込み内容の確認へ」をクリック

内容にお間違いがないか確認して下さい。

「申し込む」をクリック

2016-04-20_171133

以上で完了です。

「SoftBank Air」料金プランを詳しく

スマートフォンの場合

「ウェブからの申し込み」をクリックして3つほどの質問に答えて「次へ」をクリック

※わからない点は「チャットで質問する」ですぐに聞くことができます

必要事項を記入します。

③「同意する」ボタンは①「個品割賦購入契約約款」②「Airターミナル契約重要事項詳細」の両方をタップで開いた後からじゃないと選択できません

PDFページを開いたら矢印のアイコンをクリックして元のページに戻ります

両方PDFページを開いたら「同意する」にチェックが出来るようになります。

スマホがソフトバンクの方は「おうち割光セット」を忘れずに申し込みましょう。

入力を終えたら「同意してお申し込み内容の確認へ」をクリック。

自宅用のインターネットWiFiまとめ

自宅にインターネット回線を繋げようと思うと昔は回線工事などの手続きに加えて別途プロバイダの登録や設定など煩わしいことがたくさんありました。でも、「SoftBankAir」なら

  • 高速でストレスなし(下り最高261Mbps)、もちろん使い放題
  • 工事不要、届いたらコンセントに差すだけでOK
  • 業者に家に入られる心配なし。女性の方も安心

で簡単に始められます。

SoftBank Air販売サイト

使用レビューはコチラ

SoftBankAirの評判は?実際に使用してみたレビュー紹介!

工事が不要でコンセントに差すだけの「SoftBankAir(ソフトバンクエアー)」を実際に使用していみた感想を紹介しています。「本当に設置は簡単なの?」「表示速度は?ちゃんと使える?」という不安をお持ちの方はぜひご覧下さい!

続きを見る

※サービスや情報は時期などにより異なる場合がございます。詳細は必ず公式サイトにてご確認下さいませ

ボタン


  1. 匿名 より:

    速度は安定していて、WiFiが入りにくいということはありません。一般のサイト閲覧だけでなくよくYoutubeなどの動画を見るのですが、動画視聴も、途中で止まったりすることは一切なくスムーズにできます。工事も一切不要で、手続きをして持ち帰ったその日に、コンセントにさしてパスワードを入れるだけですぐ使えたのがありがたかったです。Softbankのスマホを使っているので、セット割がきくのも助かります。/SoftBankAir(ソフトバンクエアー)おうち割 光セット/Airターミナル4

    • 匿名 より:

      コンセントを差して起動するだけで使えるので、外泊時でもコンセントさえ使える場所であればどこでも使えるので便利です。契約時に電波の入り方をエリアで調べていただいたのですが、私の部屋は(4階、周りに高い建物なし)少し電波が入り辛いエリアと言われました。使ってみると確かに雨の強い日は少し入りが悪いと感じる時がありましたが、それでも動画を見ていてたまに止まるかな程度でした。普段はスマホをWi-Fi接続したままにしていますが、通信速度でストレスを感じる事はありません。
      自宅のみで外出先では使わない方には大変オススメできる機種だと思います。

  2. 匿名 より:

    使用する前まではスマホで動画を数時間か見ただけで通信制限がかかり、煩わしい思いをしていたのがSoftBank Airのおかげでスマホで動画をいつでも気軽に途切れることなく見られるようになったのでストレスが無くなって、思う存分スマホを活用できるようになりました。
    SoftBank Airはコンセントを電源に挿すだけですぐに使えるため、機械に疎くても使えるのでとても便利です。そして、SoftBank Airには通信制限はなく、無制限でWi-Fiが使えるのでネットやSNSも見放題出来ます。

    • 匿名 より:

      私は今回二年契約でWi-Fiサービス利用を開始しました。まず、とても便利に感じているのは、Wi-Fiルーター自体を、自宅だけでなく旅先や必要な場所に持ち運びをして利用できることです。ルーター自体にバッテリーはありませんが、コンセントがあれば使えるので早速使っています。
      コスト面では、プロバイダによって月額利用料は変動するため、一概に言えませんが、選べば安くすることも可能で、自由性があります。
      一つデメリットな部分もあって、データ通信量に気を付けなければいけないことです。契約データ量範囲内であれば、回線が遅くてストレスになるようなことはありませんが、契約内容によって気を付けないと回線が遅くなりますので、普段からどれだけデータ利用するかを把握したうえでプランを決めることをおすすめします。

  3. 匿名 より:

    実際に利用してみると、以前光回線を利用していましたが、それよりも動画見たりしていても動きがいいし、使いやすいなと感じました。以前は少し動きが悪いなと思うことが何度かありました。私自身、割りとゲームをしたりすることが多いためにバグったりすることもあったので、こちらのサービスに変えてからそのようなことがなくなりました。また、工事費用や工事がいらないので、すぐに使えることが良かったり、普通に回線繋ぐより安くすむことが何よりも経済的で助かっています。毎月の携帯の料金が安くなるようになったり、お金の面も含めていいことが多いかなと思います。また、通信の制限がないので、気にせずにスマホを使うことが出来るのでとても嬉しいところです。

  4. misa より:

    まず、Yahoo!メールの容量については無制限だったので安心して使うことができました。また、Yahoo!ショッピングを使ったときにTポイントが14倍になったのでとても嬉しかったです。そして、永年補償がしっかりと付いていたので安心することができました。また、クレジットカードで支払うことができたのでとても便利でした。そして、データ制限に関しても一切無かったので良かったです。また、ADSLよりも高速だったので安心することができました。そして、コンセントにさすだけで簡単に使うことができました。ただ、アップデートについては時間がかかったので少し不満でした。また、端末を多く繋ぐと通信速度が遅くなったので不便に感じました。

  5. sudpdfs より:

    Спасибо за информацию!!!!!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ENJILOG , 2019 All Rights Reserved.